🐈ねこのように賢く、しなやかに美しく、楽ちんな生き方を目指しています🐨

803号室

ミニマリストへの道

ゆるミニマリストのお洋服のお買いもの方法となぜ人は洋服をいっぱい買ってしまうのか

更新日:

こんにちは★

ゆるミニマリストよよちちです🐨

 

よよちちは、洋服に囲まれた生活をしていました。職場でも自宅でも洋服まみれの生活を何年も送ってきたよよちちが、現在は、洋服にまみれることはありません❣

買い物しまくって、失敗もしまくりました!

今は、そこまで失敗した!という買い物は減りました。

失敗の経験をもとに、洋服を買う時に具体的に気を付けた方が良い事を中心に書いていきます。

今回は、よよちちが買い物の仕方が変わって服に埋もれなくなったお話

 

なぜ服を買いまくってしまっていたのか?

■買ったものが気に入らなくて代用品を買い続ける

これ、実は1番良くない買い方だと思います!!

例えば、とても気に入って、無駄な物じゃない!と思って黒のパンツを買ったとします。

「あれにも合わせられるし、定番だし、ずっと使える!」とその時は納得して買いました。

ところが、「あれに合うと思って買ったけどちょっとシルエットが太くて合わなかったな」と思って、ちがうパンツを探す。

そこまではまだマシですが、ここからがドツボにはまります!特によく考えて納得して買ったパンツならば余計に。。。

「せっかく買ったこの少し太めの黒のパンツに合わせるためのトップスを買おう」となる事。これが始まりです。

失敗を認めたくないのです。だから、「生かそう」としてしまうんですよね。これは人間の心理かな。トップスを買ったから靴も買わなきゃ合わない!とか始まっていきます。

パンツの買い直しならば1点で済むのに、こうなってしまうとどんどんどんどん買う物が増えていくんです。

そして、その1パターンのコーデは成功したかもしれませんが、他に合わせる物がない!

そしてまた今度はこの靴に合うワンピを探そう、となって、負のスパイラルに陥ります。

もし、失敗したな、と思ったら、素直に認めて被害を最小限に食い止めるようにしましょう!!

もったいないけど手放す方が安上がりだったりするかもしれませんよ??

 

■雑誌、SNS、友達等にあおられて買う

周りに影響されて買っちゃうパターン。

いろんな人がいて、好みも、似合う物もみんな人それぞれなのに、「今はこれを着てないとダサい!」と言わんばかりにあおってきますよね。

流行に敏感なことは良い事ですし、アンテナを張ってオシャレを楽しむ事も大事なことです。

ただし、「失敗したくない」のであれば、流行にとらわれ過ぎてはダメだし、自分をしっかりもつことが大事です。流行りは流行り。かわいいね。でも私には似合わない、必要ではない、と判断をしていかないといけません。

「これはあおられているのか??」と一度立ち止まって考えるようにしましょう!

その流行りの服、あなたに似合ってますか??鏡をみてよく考えて!ほんとに必要??

それに、流行で固められたファッションもダサいですからね。

それより自分のスタイルを分かっていて素直に着こなしている方がよっぽど素敵ではないか、と思います。

 

■ひとめぼれで買う

何年も探していて、まさに求めていたもの!!という「ひとめぼれ」はOKなのですが、特に必要なアイテムではない物を「マネキンが着てるあのコートがかわいい」、とか、「あの人がインスタで上げていたワンピがかわいい」、とかそういうひとめぼれはNGです。

そういうので、あとあとになって「いい買い物したー」とか「すごい使えていっぱい着れてよかったー」と思うことってほぼなし。

惚れるのも早ければ冷めるのも早いのです。

特にそのデザインが個性的であればなおさらに。そのことを頭に入れておきましょう!

 

■なんとなく暇だから服を買う

洋服が好きな人って、暇があるとウインドーショッピングをします。「ぷらぷらしにいこっかなー」みたいなノリで。

こっちは「ノリ」で行っていますが、あちらは「仕事」です。「限定品」だの、「ポイント10倍」など誘惑してきます!かわいいディスプレイにかわいい店員さん。

なんかテンション上がってしまいますよね。

それで、ふらーーーっと言ってふわーーーっとなんか買ってきちゃうんですよね。しかも大金ではなく「安いからいっか」レベルの服を。。。これって着て3回ですよね(笑)

こういうのが服が増えていく原因になります。プチプラ服ほど気をつけないといけないです。

ホントにすぐ飽きるし、買って後悔する確率超高い!!

 

■明日着ていく服がないから買う

こんなに服で埋もれているのに、不思議なことに「服がない!!」って思うんです。

これは、服に向き合っていない証拠というか、見てるようで見てない、というか。。。

1つ1つの服に対してのコーディネートとか、こういう時にこういう風に着ようとか、そういう事を全然考えてないんですよね。服が多すぎて。服にまとまりがなくて。

少ない服の方が、不思議なことにいろいろなコーディネートが考えつきます。

いろいろな合わせ方をして、雰囲気を変えて楽しむのが本来の服好きなはずなのにね。

矛盾してるな。

 

服を買っちゃう心理を踏まえた買い物方法

結局、すべてに共通しているのは、「自分のライフスタイル」が確立されていない事。

周りに流されてしまったり、なんとなくで買ってしまったりするのは、自分がどうなりたいか、をちゃんと考えていない証拠かな、って思います。

自分が、銀座のママだったら、高級品の着物を着たりドレスを身に着けるのも仕事だし、「銀座のママスタイルがライフスタイル」です。

モデルさんや、芸能人は、流行を真っ先に取り入れてみんなの憧れの的になることが仕事。「こんなかっこいい素敵な私を見て好きになってちょうだいスタイルがライフスタイル」

でもよよちちは、銀座のママのようなドレスはいらないし、芸能人のようにみんなに見られる仕事をしているわけではありません。最先端なファッションは必要ないです。

全部「自分にとって」で、いいのです。「自分がどうなりたいのか」をぶれさせてはいけません。

雑誌では、「この柄が人気」「この色を着てればオシャレ」とか言ってますが、「あれも、これも」と手を出すから合わせるものがないし、次々と服を買わないといけなくなってしまうのです。

自分の生活に合った物ではないから、「明日着るものがない」となってしまうのです。生活に必要な服をきちんとそろえておけば着るものがない、ということはないはずなのに。

焦ってよく考えもせずにネットでポチることも減るのです。

 

自分のスタイルを考える

ちょっと矛盾してしまいますが、自分の生活に必要な服は買いましょう。

しっかり考えて、必要な物は、よーーーく考えて多少高くても買いましょう。

一度、しっかりと自分のコーディネート、スタイルを確立させましょう。

それが終われば一気に買わなくなります!

遠回りのようで近道かもしれません!欲しくなくなるんですから。

不思議です。

服に埋もれていた時は「服がない!」と思って今は「必要な服はある!」と思っているんです。

おわりに

よよちちは、今でもお洋服好きだし、ファッションも大好き。

でも、買い方が変わりましたし、焦って洋服を買うことがないので、失敗も減りました。

そして、失敗しても悪循環の買い足しをやめたので、大幅に服が増えることもなくなりました。

安い服をいっぱい買って、安物買いの銭失いもなくなりました。

よかったーーー!!

考え方が変わってホントよかった!

 

自分のライフスタイルを大事にしているパリジェンヌって素敵♥

 

🐨よよちちが簡単に断捨離できた方法はこちら★↓↓

超―簡単で自分が納得できる洋服の断捨離方法☆気持ちもすっきり!ミニマム化★

🐨ミニマリストになって良かったなーと思ったお話はこちら★↓↓

ミニマリストになって良かったことを6個にまとめた!不思議な変化がいっぱい☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事

-ミニマリストへの道
-, , , , ,

Copyright© 803号室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.